為替レート

良い通貨、安全だとみんなが思う国の通貨は沢山の人がほしがるので高くなりやすくレートが上がります。一方、悪い通貨、危険だとみんなが思う国の通貨は沢山の人が手放したいので価値が低くなりレートが下がります。需要と供給の法則で為替レートも成り立っています。為替レートはシーソーのように動きます。ある国の良いニュースが流れれば、その国の通貨のレートが上がります。また、悪いニュースはその国のレートを下げます。良いニュースは、雇用や株価、金利など景気がいい事を示す指標の発表があります。逆に治安の悪化、政治不信の高まりなどは悪いニュースです。これらの両方の通貨圏の事情が為替レートの変動に影響しています。

為替レートが動く要因

為替レートの動きに影響を与える要因には、経済の状況、金利の変動、為替介入や貿易があります。経済の状況は景気が良くなるとビジネスチャンスも増えるので外国からお金がたくさん集まってきます。そうするとその国の通貨価値が高くなります。反対に景気が悪くなるとお金が集まらないのでその国の通貨が安くなっていきます。お金は金利の低いところから高いところへと流れていきます。金利の高い通貨に人気が集まりお金が集まるので通貨価値も高くなります。

日本のような貿易を主とした国は政府が大量の円を売買することで為替の動きを安定させる為替介入があります。政府による為替介入にはこれ以上円高や円安が進めば介入を行うといった口先介入もあります。貿易では、輸入と輸出の差が大きいほど為替が動きます。たくさんの品物をアメリカに輸出した場合、その代金はドルなのでドルを円に変えることになります。たくさんのドルを売って円を買うので円の価値が高くなります。逆に沢山の品物を輸入した場合、支払いのために円を売ってドルを買うので円が安くなります。このように貿易で為替が動きます。

外貨のオンラインや外貨両替ネットでの購入や売却なら外貨両替二ホンEX