インターネット取引

外貨預金は、金利や為替レート、為替手数料を始め、取引方法や取引時間までどの銀行や民間会社を選ぶかによって変わりますのでよく情報を集めましょう。金利と為替手数料が大切ですが取引方法も大事です。最近では、銀行以外に、電話やATM,特にインターネットなどで様々な取引ができます。インターネット取引のみを受け付けるネット専業銀行や民間の外貨両替オンラインサイトなどもあります。これらのサイトは、店舗を持たずにコストを抑えているため、預金金利が比較的高いといった魅力があります。インターネットを利用した外貨預金の取引方法では、為替手数料替わりひかれることがあるのもメリットです。

外貨といっても世界にはたくさんの通貨があります。世界には190以上の国があり、現在国内の金融機関が扱っている外貨預金の通貨は、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンドなど数種類になります。外貨預金を始めとする外貨投資では為替レートの動きによって存したり得をしたりします。為替レートの動きは通貨ごとに異なります。各国の基礎情報を見るときには経済全体の規模を表すGDPのほか、経済の原動力である人口や原油、鉱物などの地下資源にも注目して情報を集めて外貨投資をしましょう。